マンションと一戸建の比較

マンションイメージ画像

 マンションの購入を考える場合には一戸建て住宅も検討する選択肢のひとつでしょう。個人的な意見を言えば一戸建てに拘りたいのですが、家族の想いをまとめるとマンションの方が嬉しいらしい。とは言え個人々で意見が違うのが普通です。そこでマンションと一戸建ての違いをこのページで簡単におさらいしましょう。

 一番分りやすい違いは集合住宅と個別住宅の違いでしょう。マンションは同じ土地に多くの人が住んでいますが、一戸建ての場合、多くても2〜3家族程度です。変わった形態に知人と共同で一戸建てを建てる方法もありますが、お勧めできないと言えます。


スポンサードリンク

一戸建てとマンションの違い

 それではマンションと一戸建ての違いを、様々な観点から比較して見ましょう。具体的には住居スペース(広さ)とか購入予算など、確認しておくと後に役立つ項目を中心におさらいしています。

広島 マンション・イメージ画像

庭と室内・広さの違い

 マンションは一戸建てに比べると庭のスペースがない場合が圧倒的に多いと言えます。また、2階、3階と上に高くする事(たまにメゾネットタイプがあります)が不可能ですので、一戸建てのほうが一般的に広いスペースを確保できると言えます。

一戸建てとマンション・イメージ画像

物件の広さと価格の関係

 マンションと一戸建てがまったく同じ場所に立っていると想定すると、一戸建てのほうが住居面積が広く、土地を購入する費用が含まれるパターンが多い為、高くなる傾向があります。占有面積を1坪単位で考えるとマンションの方が高くなります。

住宅ローン・イメージ画像

購入物件の利便性や交通網

 購入金額がまったく同額と想定すれば、マンションの方がより都市の中心部に近いので利便性は高いと言えます。もちろん交通網もマンションの方が高く、特にバス停、電停からの距離が短い物件が多く見受けられます。

住宅の頭金問題

自然との調和、距離

 小さい子供連れの場合だけでなく自然との調和は重要なテーマでしょう。となると一戸建てのほうが庭が付いている分有利に思われがちですが、最近のマンションには専用庭付きの物件もありますし、敷地内に公園施設を備えた物件も有ります。

 また、都市としての魅力を高めるために政府(行政機関)側が都心部に自然を増やす努力をしている地域もあり、マンションだから自然との調和が薄いと判断するのは間違いで、それぞれの物件を比較する必要があると言えます。

―――― END of This page.And Copyright-SuemoriTakumu-All Rights Reserved――――
拓夢書房・ロゴ画像 マンションのイメージ画像