賃貸マンションの裏テクニック

マンションイメージ画像

 マンションを賃貸して入居する場合、不動産屋が進める条件でそのまま借りていませんか? 要するに不動産屋が言う事は大家が望む条件な訳ですが、一度住居を決めるとその条件で長い期間暮らすことになります。ならば少しでも条件が良くなるように交渉する価値が有ると言えるでしょう。

 マンションなどの不動産物件を借りる際に交渉をしない人が多いように感じますが、でひとも条件が良くなるように交渉される事をお勧めします。ですが、あまり無理なお願いは逆効果になり得ますので注意が必要です。


スポンサードリンク

マンションを借りる前に交渉する

 マンションを有利に借りるためには、賃貸契約書を作成する前に交渉を始める事が大切です。契約書に判子を押してからあれやこれやと交渉しても無駄な行為に終わるだけですから。

広島 マンション・イメージ画像

マンションの大家と直接話をする

 マンションの大家と直接話ができる可能性は余りありませんが、もしも大家と直接、交渉できれば得する可能性があります、それは不動産屋に支払う手数料です。もちろん契約書を作成する為には専門の知識を持った人が必要ですが、契約書なんて必要ないと考えるような大家であれば得するかもしれません。

複数の不動産屋をチェックする

複数の不動産屋をチェックする

 マンションを借りる際には多くの不動産屋を回り探す事になるわけですが、意外と知られていない事実としてマンションを貸し出すほうの大家はひとつの不動産屋と契約している訳ではありません。持っている物件の近くの不動産屋には声を掛けていると考えても間違いないでしょう。ここでチェックしたいのが、不動産屋に対して求めている賃貸料です。

 例えばAという不動産屋には70,000円で希望しておきながらBには68,000円といっている場合があるのです。もちろん意図的にした訳ではないでしょうが、不動産屋に連絡する時期がずれたり、その時の気分で希望金額を変えたりするから、不動産屋によって金額が違う減少が起きるのです。

住宅ローン・イメージ画像

会社に相談してみよう

 希望するマンションに「法人契約」と言った条件が付いている場合が多々あります。このような場合、勤務している企業にもよりますが、会社側に契約をお願いしてみる価値は十分にあります。特に多く見受けられるのが社長が一人で切り盛りしているような企業の場合、契約を変わりに結んでくれる時があります。諦めずに会社側と交渉しましょう。

住宅の頭金問題

値引きは不動産屋とする

 マンションを借りる際に以外としていないのが値引き交渉でしょう。借りる立場だから…という気持ちは分りますが、逆に言えばお金を払って借りる訳ですから、堂々と値引き交渉をして見ましょう。とは言っても値引きを認めるのは大家です。大家と付き合いの深いのは不動産屋です。ですので不動産屋に対して値引きできないか、交渉をしましょう。

―――― END of This page.And Copyright-SuemoriTakumu-All Rights Reserved――――
拓夢書房・ロゴ画像 マンションのイメージ画像