マンションを購入するか賃貸するか?

マンション・イメージ画像

「マンションの引越しは夏休み」と宣言し「しばらくの間はマンションの賃貸でいこう」という腹積もりでした。誰でも理解できるでしょうが、マンションを買う場合、頭金と諸費用の合計は100万円単位で必要になります。ですが、この金額までは用意できない、と言う思い込みがあったからです。

 話は変わりますが、新築のマンションを購入する場合と中古のマンションを購入する場合では、購入金額は新築を買う場合のほうが高い場合が多いようです。ですが中古のマンションを購入する場合には、最初に支払う諸費用が新築に比べると高い。詳しくは新築マンションと中古マンションの比較まで……


スポンサードリンク

借金あっても住宅ローンは可能?

 ところがある日ふと思ったんですよ、借金があると住宅ローンが組めないと思い込んでいるだけで、借金があっても住宅ローンは組めるのかもしれない。となると、現在(当時)残っている貯金を借金完済に使わないとマンションを購入する際に必要な頭金や諸費用が支払えるから購入することも可能かもしれない。

 もちろん住宅ローンとサラ金への返済で合計返済額は大きくなりますが、それまでの個人的調査で、希望する広さのマンションであれば、賃貸するよりも、購入するほうが毎月の支払いは少なくて済む計算になりました。また、少々の金額であれば両方を払い続ける計算もその時点で成り立っていました。

マンションイ・メージ画像

 例えば、私の住む広島である時期に販売中だった3LDKマンションの場合、占有面積が約82平米で販売価格が2785万円でした。これに手付け(要するに頭金)を15万円ほど払っておけば、残債を35年ローンで支払うと毎月(ボーナス時なし)8万3463円、これに管理費などを加えても毎月10万9203円(実際の見積書より抜粋)と言う計算です。

 同じ広さでほぼ同じ地区の賃貸し物件を探すと、同じ広さの物件はほとんど無く、概ね70平米弱が多く揃っています。その条件でさらに駐車場付きの物件の場合(新築マンションには付いているし、実際に必要だから)12万円以上するのが普通でして、物件が新しくなると14万+駐車場1万5千と言うものもあります。

マンション・イメージ画像

 もちろん賃貸マンションが悪いわけでは有りませんし、住居地区を選ばなかったら、それなりの家賃でマンションを選ぶことが出来ます。ですが、ある程度条件を絞った時には、購入するほうが、賃貸するよりも得になると判断したのです。もちろん考え方には様々な面から発展させることも重要です。

 賃貸マンションの場合、大家は人に貸すことにより利益を得ているのだから、マンションの購入金額(建築費用)よりも毎月支払う家賃が安くなることは無い。逆に言えばマンションを買って人に貸す場合には、毎月必要な金額より安く、家賃を設定することはありえない。

 ただ、販売中のマンションは販売する側の利益が含まれているので、そのあたりも加味する必要があります。利益も出さずにマンションを建て、さらに人に販売することもありえないわけですね。このあたりもマンションを購入するかどうかの考え方のひとつだと思います。

 さて話しは元に戻って、住宅ローンが組めさえすれば、後は家賃を払うのと同じ感覚ですから、マンションは購入できるわけです。問題は住宅ローンが組めるかどうか? と言う(私の場合)たった一つの案件だけです。子供も大きくなり、それなりに社会生活を送る夫婦が、マンションを買いたくても別に不思議ではありません。……マンション買っても不思議ではないもご覧下さい。

―――― END of This page.And Copyright-SuemoriTakumu-All Rights Reserved――――
拓夢書房・ロゴ画像 マンションのイメージ画像