モデルルームを訪問する/分譲マンション

マンションイメージ画像

 さて希望するマンションの絞込みが出来たら、実際にモデルルームに出かけて見ましょう。ここで重要なのは事前に連絡を入れておくことです。通常ですと一回の訪問で最低1時間は必要です。場合によっては2時間とか、私の場合ですが、宇品の物件の場合は合計4時間居ました。

 実はこのとき、事前に連絡を入れずに訪問したのです。今考えると偶然ですが、たまたま居られた販売員の方が居たので、丁寧な説明を受けられました。ですが通常ですと販売員の方が一日中暇をもてあましているとは考え難く(と言うよりも暇な販売員ばかりのマンションは考え物)事前に電話を入れて案内して頂く時間を確保しておくべきです。


スポンサードリンク

モデルルーム訪問の重要性

マンションイメージ画像

 実際私も案内を受けている時間に、担当となった販売員が途中で抜けて、他の顧客と話をしている場面が有りました。また、帰宅直前になると、その販売員が抜け出せない状況になり、他の販売員が対応する羽目にもなりました。やはり案内して頂く以上、同じ人と最後まで話しをしたいですよね。ですので、あらかじめ訪問する約束を取り付けておくことを強くお勧めします。

 そしてもうひとつ大事な事柄として、モデルルームを訪問すると間違いなく「アンケートに答えてくれ」と頼まれます。要するに販売員は売ることが目的ですから「どの程度購入意欲があるのか、そして購入するだけの財力があるか」などを事前に知りたがります。

 ここでアンケートに答えると「無理に売り込まれるかもしれない」なんて感じると思いますが、だからこそアンケートにはまじめに答えておく必要があります。例えば他のマンションとの比較をしている段階であれば、「他のマンションと比較しています」と正直に書いておくことです。

 そうすれば、その後、自宅などに売り込みに来られても「他のマンションに決めました」と伝えれば、それ以上深く付きまとわれることはありません。ただし、他のマンションに決めた理由、は正直に話して上げましょう。もちろん「販売員が気に入らない」なんてことは言えませんが、場所が悪いとか間取りが想像より違っていたとか、思ったこと、感じたことを言えばよいと思います。 次のページに進む

―――― END of This page.And Copyright-SuemoriTakumu-All Rights Reserved――――
拓夢書房・ロゴ画像 マンションのイメージ画像